2022年09月20日

【補助金】新規出店支援事業【熊本市】

熊本市の補助金制度

これから新規出店を考えている方は必見です!!

熊本市は空き店舗対策の支援制度として様々な支援を行っています。
その中で、「新規出店者支援事業」があります。  


その他に「空き店舗リノベーション支援事業」もあり、店舗所有者に対する支援も行われています。 

新規出店者支援事業

参照:熊本市 【二次募集】空き店舗対策の支援制度
中小企業者が、市内の商店街の地区内の空き店舗(地下1階~2階部分、アーケードの場合は天井までの階)の空き店舗を活用して出店する際に係る経費を補助してくれます。 

2022年(令和4年)12月28日(水)17時必着!まで受け付けています。


補助対象の経費
2023年(令和5年)3月31日までに改装工事及び支払いが完了する工事が対象となります。

しかし、これはいつものことですが、補助の対象となる空き店舗の要件、補助対象者の要件、対象となる経費の内容など様々な決まりごとがあります。

お金出してもらうので仕方ありませんが。。。

しかし、もしかすると、要件に合っているかもしれません。
調査は大切です。ぜひ活用できる方は活用してください!! 
対象地域は下記の商店街マップをご覧ください。
例えば、当社がすぐにご紹介できる物件だと、シャワー通り沿い13坪の路面店で
最大150万円補助金を受けることができます。 

熊本市中央区新市街13-8

13.2万円

43.27m2

辛島町バス停 徒歩3分

おしゃれなお店が立ち並ぶシャワー通り沿いのビル2Fの物件 飲食店、美容室と様々な業態での出店が可能となっています。
アーケード沿いなど商店街にて60坪以上の空き家物件であれば最大300万円まで補助金が出ます。
ご希望の物件があれば、ご紹介可能です。

ご希望の場所や地域を伺ってご希望に合う物件をお探しすることもできます。 
 
 
初めに申し上げた通り、補助金を受けるにあたり、様々な要件や決まりがあります。
出店を考えている方は、一度熊本市のホームページをご確認してみてください。
熊本市支援について
 
弊社にご相談いただけると、他の補助金・助成金の制度など含めアドバイスさせていただきます。 

空き店舗リノベーション支援事業

出展者のみならず、空き店舗の所有者にも、借り手がつかない店舗を複数店舗に分割改装する費用の一部に補助金が出ます。

2022年(令和4年)12月28日(水)17時必着

詳しくは、熊本市ホームページをご覧ください。 
ページの先頭へ